愛の線状皮膚阿呆

風雨において、この点は痛み、何かを計算して…愛の苦境には出られない、この痛い、本当に悲しく,線状皮膚、緻命のは緻命のだ.数人の良い友達はすべて愛情の縁の辺で転々として、すでに失って、まもなく失って、再び失って、過去の、ある1はからみ合っ苦痛ではありません.友達の信用をありがとうございます、すべて本音を訴える.私は口では慰め、心は祝福の外,その他何もできない.解铃やはり鈴の人.

友人たちの話を聞く時、彼あるいは彼女を見て、もうかつての自分、それは愛のため、しきりに待っていて待つ馬鹿.少し痛み、誰が自分より明らかにできますか?でも、私はとても分かって、友達の心の中のあれらの考え方としようがない.

私は一人、黙々として、無私な、彼はいかなる事をすることができて、彼はいかなる事をすることができます.昔は感情がラジオ局で聞いて、1人の女の子が男の子と別れて、しかし女の子はやはり男の子の.そこで彼女はすべての夜にラジオ局の人を聞いて多く、男の子の微小な挙動について、彼女は、男の子は同様に彼女を愛しています.当時のDJはゆっくりと一言、私は印象が深い:一人の時、彼の多くの細部に付きまとうないよう、いかなる意義も存在しないかもしれない.だから、友達に彼も私を好きになってくれないか?私も同様の話を回復しました.これは1瓢の冷水で、私も私も願います.

私たちは嘘をつくことが好きです…このあなた、あの、あなた、私のことが好きです.幻想のダメージは、現実よりももっと大きいのかも知れない.なぜ焦がれるて行くの?どうして前向いてみないんだろう?なぜ自分を放任されて行くのか.なぜ愛は早すぎるのか、遅すぎるのか?これが恋の過程だからな!友よ、私はあなたにも分かってほしいし、冷静に、理性もできるし.このようなことのできないことと傷つけることはどんな痛みで、実は私はすべて分かって、私は多くなって見たくない、あなたもだんだんこのような苦しみに耐えて.

私は一生たくさんの愛、すべての愛が離れる時、私は自発的に、やはり受動的で、すべてとても悲しい日だ、それは愛情の最も困難な過程です.実は堅持して、この坎を越えて大丈夫です.すべての人の来る理由はすべてある理由があると信じて,すべて人の離れるのも.忘れてはいない、時間だけが必要です.忘れないかも知れない、ただ心の底に置く、一段としてよく思い出す過去.

じゃあ、早くも遅くない愛情はいつ来てくるの?大切にしている時には.

Pは、PとP.友達をなぐさめて、この時の私はとても落ち着いている.美しい愛、完全な愛情、幸せな愛、幸せな愛.ぽうっとの対象となる、思いの対象、祝福の対象.最後に、すべてがすべてになって、私はただ愛情の対象の前で瀋黙、瀋沒、転身して立ち去り…

好き温岚の「馬鹿が大好きなので、:

>