妊娠線が出来やすい人の特徴

自分が妊娠線ができやすいタイプである場合は、クリームやストレッチ、運動等を行います、できるだけ妊娠線ができない体づくり、生活スタイルを心がけます。

体重増加、サイズアップ

安定期が終わり、安定期に入ると、赤ちゃんはどんどん大きく成長するうえ、食欲が増したり、食生活の乱れなどで急激に体重が増えることがあります。すると、お腹周りの皮膚がつっぱるようになります。

赤ちゃんの成長に伴う皮膚のつっぱりに加え体重増加でさらに皮膚面積が必要になるため妊娠線ができやすくなるです。また、妊娠中は乳腺も発達するから、バストラインも変わり急激にサイズアップすると胸に妊娠線ができやすくなります。

運動不足

妊娠中は過度な運動はしてはいけないが、全く体を動かさないと筋力が衰えてしまういっぽうで、皮下脂肪は逆に増えるため、太ももあたりに妊娠線ができやすくなります。

乾燥肌

皮脂性の方なら皮膚が伸ばされても対応できますが、乾燥した肌は皮膚が伸びにくいから妊娠線ができやすい環境になりますから、乾燥肌の方は皮脂性の方に比べると妊娠線ができやすくなります。

多児妊娠

双子などの多児妊娠は通常の妊娠よりお腹が大きくなるため、皮下組織も通常の妊娠以上に引っ張られるから、どうしても妊娠線ができやすくなります。

妊娠中期あたりから妊娠線ができる可能性があるから早めに予防するほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です