読んでて食べた後に砕けスギと雑談感があります

p>を読んで<スギ後のばらばら感があると雑談

私好き温暖で暖かいの物語は、今日のスギ食べる』は、
大波のない波折には簡単な、小さな幸せ、これは顾漫四年を経た恐れなどの作.最初に見た彼女の作品は『なぜ笙簫黙は、今の大好きな小説を見るたびに、感動して、暖かさはよく、彼女の作品は行間に浸透して酔わせる香り.時には私は非常に不思議で、文字がこんなに強大な力でそれを、人と人の間の感情の描写がそんなに徹底、細かい人百無倦怠の学習と体得したり、感傷的になったり、悲しくて、または幸せや、感動も置いて文字に収蔵ないで、時間の変遷.

が小さい時私は本当にとても好き平仄韻脚の诗、当時も不思議と、古人は簡単にいくつかの詩に訳しても現代文になって、長い文章の古文の簡素化と遠い境地は、現代学来ない.もし機会があれば、私も1つの完全なストーリを書きたくて、1つの私のストーリ、これは一時の考えではありませんて、高校生時から始めます.まだ何千字の筆を覚えていて、書いている、進められなくなりました、キャラクターが靑白くて、物語構造があまりにも不思議なこともあって、私はよく表現できない私の心に真と、文字の詳細は明らかに足りない.私はずっと温かいという言葉、好きな感じ、最近は孤勇が好き、今の私は、この語がとても似合うと思う.実は、私はずっと、私は1つの骨で強靱な人で、私は何を経験して、私はすべて最終的にその悲観的な消極的な自分、そして心は美しくて生活します.これは私の、時には無邪気にまた愚かで、時にはカッコイイ(気節にの大度と凛然と凛然)、また時に多感のが良いです.

私、いつも愛をばかり考えて、結果は自分でやってさんざんな目に遭う時はどのように家族と過ごす、わがまま、今私は知っていても、もしかすると私が大きくなって、おばあさんのような扱いを子供扱いする注意深くて、お母さんに扱いたい友達のような、父親のような扱い師長ほど誠実敬慕して、すべての人はすべて自分の守りたいものは、俺も、私はいつでも心生良い生活、これは私が守るのも、闇に見舞われたも、ものを見ることができるいい面、泣いて後で笑って歌う.今、私は時々とてもこのような孤独が好きで、この時魂はやっと落ち着いて、私はいくつかのものを瀋殿ことができて、いくつかめちゃくちゃになって、今になって、今…….