シアリスの副作用について

シアリスとは2007年9月から販売されていて、バイアグラ、レビトラに次ぐ三番目のED治療薬です 。これまでのED治療薬と比べ、36時間と非常に長く持続します。また、食前・食後に関係なく服用ができる、という他のED治療薬に無い特徴があります。


が長く持続すると同時に、効果の現れ方も自然で、行為の間中折れすることがなく、行為が続くごとに、より硬さが増し、というのも特徴で、男性にとっても、自信の回復につながるみたいです。


しかし、有効成分「タダラフィル」のシアリスの副作用で最も代表的に一般的に報告されるのは偏頭痛、紅潮、鼻づまりです。ほかには、消化不良、鼻水、鼻づまり、筋肉痛、アレルギー反応、むくみ、胸の痛みや動悸、痛みをともなう勃起や狭心症などです。国内データにもよると、承認時までに、国内用量反応試験において本剤5mg~20mg群に割り付けられた総症例257例中70例(27.2%)に副作用が認められました。

主な副作用は頭痛29例(11.3%)、潮紅13例(5.1%)、ほてり9例(3.5%)、消化不良6例(2.3%)などです。

これらの副作用の程度は軽く一時的なものです。現れた場合では、医療機関にて受診を行ってください。心臓に疾患がある方、ニトログリセリン等の硝酸塩薬を服用中の方は危険ですので、シアリスの使用はお止めください。


症状から見ると、シアリスはバイアグラやレビトラと似た副作用が現れるということですね。ただし、シアリスに関しては、効果とともにほとんどの人が感じる副作用ではなく、約3割の人が実感するという程度なので、発症率的にはバイアグラやレビトラより低いといえるかもしれません。ご心配なくて安心して説明書と自分の具合を結び付けて飲んだ大丈夫です。


引用される文章はこちらへ: